Ubuntu 16.04 で OpenStreetMap タイルサーバを構築 – 1.5 –

目次

スワップスペースの追加

あなたの環境でメモリーが少ない場合、スワップファイルを簡単に追加できます。

元の内容はこちらから をほぼそのままやっています。

https://www.linuxbabe.com/linux-server/openstreetmap-tile-server-ubuntu-16-04

元記事の 更新日2016/07/22 By: Xiao Guoan 氏

ファイルを作成するために、 fallocateコマンドを使用します。

例えば、ファイルシステムのルート下に 2GB のスワップファイルを作成します。

sudo fallocate -l 2G /swapfile

root ユーザーのみ読み書きできるようにします。

sudo chmod 600 /swapfile

スワップ 形式でフォーマットします

sudo mkswap /swapfile

すると

Setting up swapspace version 1, size = 2097148 KiB no label, 
UUID=h32b3e10-0779-4865-9ea0-6e2af8f3kea9

といった具合に表示されます。

スワップファイルを有効にします。

free 
 total used free shared buff/cache available
Mem: 1016180 32608 913356 14664 70216 863788
Swap: 1048060 676 1047384

sudo swapon /swapfile
free

 total used free shared buff/cache available
Mem: 1016180 33460 911900 14668 70820 862640
Swap: 3145208 672 3144536

キャッシュサイズを増やすことができるので、インポートの処理速度の向上が望めると思います。

タグ: , ,